2007-10-25

Eric Clapton Shreds. [たまーにが程よいのかも]


今日のYouTube。Claptonがめずらしく前衛的な演奏をしているのを見つけて、かなりビックリしています、、、。動画のタイトルに『Eric Clapton Shreds』とついてまして、shred(ギター)って本当に久しぶりに聞いたのですが懐かしい表現ですね。Shredというのは紙をシュレッドするshredderのshred、細かく切り裂くような事を本来意味するんだけれど楽器の演奏テクニックの意味もあります。けっこうここ最近このClaptonの演奏が気に入って度々観ているのだけれど、観れば観るほど不思議な感じ、、、。この日のClaptonは一体何があったのでしょう。2000年代に入ってからの彼のライブ演奏というのは少しがっかりするような事もあって、それはもちろん昔と比較するからなのだろうと思うんだけれど、「まあ、お決まりだから演奏するよ」という感じが拭えなかった一方、こういう演奏もしているのを観ると非常に安心しちゃいます。あ、あと今年じゃなくて2004年のCrossroads Guitar Festivalで演奏された"I Shot The Sheriff"も悪くないし、どうやら僕が最近ちょっと敬遠してただけなのかも。90年代後半から現在までにアルバムが数枚リリースされているけれど、正直に言うとどれも1枚まるごと絶賛出来るようなものではないけれど、でもそれぞれのアルバムには数曲きちんと出来ている曲(例えばアルバム『Reptile』の"Second Nature"のように)がちゃんと入っているんですよね。『Unplugged』や『From The Cradle』のような完璧なものを求める事は酷な事だろうし、聴くと飛び上がるようなライブ演奏がたまーに聴けたらいい訳でして、今回の動画のようなものがぽちぽちと出てくればこれでいいんじゃなのかなあと僕は思います。ところで先日Villege Vangardで『安息の地を求めて(There's One in Every Crowd)』の中古レコードが1980円で売られていたのを見つけたんだけれど、悩んだ挙げ句に買いませんでした。ううむ、今考えると好きなアルバムのひとつだし、買っておけばよかった。

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

いいですね、このプレイ。

初めて知りましたけど、非常に高度ですね。
クラプトンも気合が入ってて顔で弾いてましたし。

今日の昼まで札幌に滞在してたんですが、
いいですね北海道!

紅葉が綺麗で、飯は何を食っても美味かったです。

今度はレンタカーでゆっくり一周してみたいですねぇ。

リトル さんのコメント...

すいません、上のコメントは私リトルです。

ご無沙汰しておりました…

laydaddy さんのコメント...

こんにちは、リトルさん。

返信遅れました。こういうクラプトンも
いいですよね。もっと聴いてみたいです、、、。

ところで札幌にいらしていたんですね!
僕もリトルさんと同じ時期に札幌で
仕事してました。次に来る時は連絡下さいねー。
一緒にビールでも飲みましょう。

匿名 さんのコメント...

 通りすがりで申し訳ありませんが、これはstsandersという人がライブ映像にあわせて下手にひいた音をつけただけです。
 とっくに気づいてたかもしれませんが。