2007-11-04

なぜか島に渡りました。[1st Half of DAY 3 ]

福岡と言えばBlog友達のとうこさん、あとshojiさんの出身地でもあって、行った事がないけれど親しみを感じるところでもありました。今回は残念ながらちょっととうこさんが体調を崩されてお会い出来なかったのだけれど、4日の午後からフリーになったので、じゃあちょっとあちこちに行ってやろうとホテルに荷物を置いてから、まずは普通の路線バスに乗って博多埠頭まで行ってみました。港街フェチの僕としてはせっかく福岡に来たのだからぜひ海辺がみたいと思い、さっさとまずは海です。ちょっと余談だけれど今回の会合というのは全国規模のものでして、あちこちから同業者が集まったのですが、たまたま小さなグループに分かれた時、横浜と神戸の方がいて、どちらも僕は大好きな港街だから両方の街のどことどこの辺りを歩くといいですよねえと話すと、なんでそんなに港に詳しいんですか?と笑われてしまった、、、。
だって港街が大好きだからね。


で、ベイサイドプレイス博多埠頭に行ってランチでもしようと思ったんだけれど、ちょうど玄界島へと向かう船が出港する5分前のところに僕は到着してしまったようで、ちょっと悩んだんだけれど、これから玄界島に行く事なんてないかも知れないと思ってダッシュで券売機へ走り往復切符を買い、この福岡市営のニューげんかいに乗り込んでしまいました。もちろん玄界島がどういう所かも知らないし、何があるのかも知らない。ただ乗客は僕以外に10名ほど居た上、時刻表を見ると1時間半後には島から戻って来られる船があったので乗ってしまったという訳です。船の中のシートに身を沈めると、ああ、こういう適当な旅をかつてはよくしていたんだよなあと深々思ってしまいました。いつの間にかこういう瞬間が出張の合間にあるだけになってしまったけれど、まあ、仕方がない。iPodのイヤホンを耳に突っ込んでBoz Scaggsを聴きながら港を満喫しつつ玄界島へ。で、どんな場所かちょっとは知る必要があるなと思って島までの途中にケータイでGoogle先生にお聞きしたところ、Wikipediaさんが2005年の3月に起きた福岡県西方沖地震について教えてくれました。



2005年3月20日午前10時53分に玄界灘で発生した地震の震度は最大で6弱、特に玄界島での被害が大きくて建物の大半が被害を受け、4月20日の余震によって半壊状態だった住宅が全壊する被害を受けたとの事です。この日の事を僕は覚えてて、たしか日曜日だったと思うんですよね。札幌出張があった日で、札幌に到着したら「すごい地震が九州であったみたいですよ」と取引先に言われ、テレビをつけるとヘリコプターが山の斜面に建っている住宅を映してて、これは余程大きな地震だったんだなあと感じたのを覚えています。たぶん山の斜面の住宅というのが玄界島だったのでしょう。と、言う事でそんな事を思い出していると船は島へと近づいてて、遠くからも島の丘の斜面を工事しているのがよく見えました。事情は乗り込む時に知らなかった、と言うか忘れてた訳でして、まあ、せっかくなので島を歩いてみようと思って船を降り、とりあえず道なりに進むと仮設住宅がたくさんありました。この辺りはさすがに撮影しようと言う気は起きなかったけれど、ぽつぽつとその仮設住宅の間に新しい家が出来ていたり、小学生の男の子達がキャッチボールをしていたり、復興は進んでいるのは感じられました。工事の音が妙に場違いのように聞こえたけれど、それがなければ本当に静かな島なんだと思う。


こんな感じに島そのものを改装するような雰囲気で工事が進められており、まるで島を作っているかのように見えました。以前はコンビニのようなお店だとかもあったようなんだけれど、今は漁業の施設と仮設住宅だけしか見かけません。みんな福岡まで買い物しに行ってるのかな。学校などはどうしているんだろう?歩けて行けるところは全部行ってみたけれど、漁業組合の建物、歯科診療所、あと診療所しか見かけませんでした。歩いてみると言っても20分ちょっとで終了、どうやら同じ船に乗った60代の男性と20代の女性(たぶん父娘)もとりあえず来てみたという雰囲気で、ふらふらとふたりで散歩していたけれど、行く場所が少なくて何度もすれ違い、その度に「ちょっと違うところに来ちゃったね」的な表情をお互い見せました。


歩いているとネコを2匹見かけました。1匹は真っ白なネコ、もう1匹はこのネコ。2匹とも非常にフレンドリーで、呼ぶとにゃあと鳴きながら寄って来て、頭をちょっと撫でてくださいねと言いたげでした。こっちは時間がたっぷりあるので船の待合所の近くにいたこの子をしばらく遊んでいました。たぶんフレンドリーなのは島には誰もネコを追い払ったりする人も居ないんだと思う。それにこの島に訪れる部外者は工事をしている人たちの他に---僕みたいな異邦人は別として---船に乗る前に時間がある釣り人たちなので、ついみんなネコにかまってしまい、ネコも心地いいんだと思う。一人の釣り人は釣った小さな魚をこの子に与えたんだけれど、非常に美味しそうに食べていました。だから余計に人に慣れてるんだろうね。そんなネコの姿を見てから待合所で時間をさらに潰し(もちろんさっきの父娘も一緒)、やっと船の出港時間になりました。もうきっとこのネコに会う事はないんだろうけれど、きっとこれからもたくましく器用に生活していくのだろうと思う。島とネコに幸あれ。

2 件のコメント:

とうこ さんのコメント...

玄界島に行くとはすごいですね。
私のが当初LayDaddyさんと行こうと思っていた予定にはありませんでした(笑)。

でも、LayDaddyさんが行った数日前、
天皇皇后両陛下も玄界島を視察されたのですよね。

今回結構色々な所を回れたみたいでよかったですね。
一緒に回れずに本当に残念でした。
次回は是非ご家族でいらっしゃってくださーい。
九州は福岡以外にも熊本とか長崎とかいいとこいっぱいですよー。

laydaddy さんのコメント...

こんにちは、とうこさん。

ちょうど船が出るところだったから島へ渡ったものの、本当に衝動的な行動でした。そうですか、陛下も行かれたのですね。陛下は行かれてもやる事があったでしょうけど、僕は何ひとつありませんでした(笑)

ぜひぜひ今度は家族で行きたいと思います!